さいたま市議会議員 保健福祉委員長 井上しんいちホームページ
   
 

 
 
 

実績1<いじめにNO!>

 宮沢は、いじめ根絶を目指し、学校、PTA、地域団体と連携。地域社会総がかりでいじめ根絶に取り組める現場の
協力体制や、情報共有の仕組みづくりを提案し、さいたま市として「いじめ防止対策推進条例」を制定しました。


実績2<ゲートキーパー制度>

 ゲートキーパーとは、自殺を考える子どもの小さなサインに気づき、適切な対応をする「門番」の役割を果たす
人のことです。宮沢は、早くから「子どものうつ傾向をいち早く見つけ、フォローする取り組みが必要」と訴え、
平成25年8月から、中学校教員480名、相談員96名を対象にゲートキーパー養成の研修が実施されています。


実績3<子育て支援医療制度!>

 子育て支援医療制度は、さいたま市在住で、健康保険に加入している0歳から中学卒業までの子供の医療費(入院
含む)を全額免除にする制度です。院した時の食事代も半額に。万が一の時に、経済的な不安を取り除きます。
未来を担う子供たちに安心を届けます。





実績4<介護ボランティアポイント>

 40歳以上の方が、介護施設などでボランティア活動を行うとポイントがたまり、そのポイントをレストランなどのお店で使うことができる「シルバー元気応援券」に交換することができます。支えあいの心を育み、高齢者がいつまでも元気に活躍して頂けるように、その思いを込めました。

実績5<高齢者世帯に「緊急時安心キット」を無料配布!>

 さいたま市にお住まいの65歳以上の方で、障がいや持病がある方に「緊急時安心キット」を配布します。これは「いつも通っている病院」や「緊急連絡先」等の情報を専用の容器に入れて、各家庭の冷蔵庫に保管するものです。病気で緊急隊が駆け付けた時に、容器の中の情報を確認して速やかな搬送につなげます。




実績6<避難所である体育館の内部構造(非構造部材)の耐震化!>

 平成25年から5年間かけて、さいたま市公立学校160校の体育館に、外壁、ガラス、窓、天井、内壁等、非構造部材の耐震化工事を実施することになりました。東日本大震災の時の経験を生かし、さいたま市を更に安心・安全な街に。万が一に備えて、避難所を本当の「安全地帯」にします。

実績7<道路安全対策を強化(ゾーン30)の区内実施!>

 歩行者の安全を守るため、クルマの制限速度を30qに抑え、その他の安全対策に施す「ゾーン30」の整備を、大宮区の大成1〜3丁目地域(26年度)、堀の内町1〜3丁目(27年度)で実施します。
今後も、大宮区をより安全にするため、どんどん取り組んでまいります。


実績8<救急患者の搬送時間短縮化へ>

 以前、救急患者の受け入れ先が見つからず死亡に至った、痛ましい事件がありました。その反省を踏まえて、どうすればいち早く搬送先を見つけることができるか、宮沢は真剣に考えました。そして、タブレット端末を活用した最新の救急医療情報システムを提案。平成26年4月からすべての救急車にタブレット端末が配備され、医療機関の検索を迅速化させました。




実績9<先進的な交通の要衝へ>

 今、まちづくり委員会委員長を務める宮沢の手によって、大宮が先進的な交通の要衝に変化しようとしています。新都心駅東口に「交通広場」を建設することで、大宮駅周辺における交通ターミナル機能の飽和状態が解消されることになりました。また、自転車を低価格で貸し出す「コミュニティサイクル」も実施され、運用されています。
今後、東北新幹線の大宮駅始発なども検討されています。

実績10<大宮区役所が建替え移転>

 新しい大宮区役所は、「県大宮合同庁舎」の敷地内に建設されます。今までの役所の機能に加え、市民の皆さまが交流するスペースや大宮図書館が入り、防災機能と耐震化も強化されることになりました。
区民の皆さまが誇れるサービス提供を進めてまいります。





 
     
ホーム実績政策議会質問活動報告
facebookページさいたま市HP公明党さいたま市議会議員団
Copyright(C) さいたま市議会議員 宮沢のりゆき All Rights Reserved.